日頃の生活で身体を動かそう

痩せるために運動を毎日したい、と思っていても、忙しくてなかなか運動する暇がない…と感じていませんか?時間がないからと後回しにしていると、運動するタイミングを失ってしまいます。まとまって運動する時間をとれるのは理想ですが、実は日頃の生活で取り入れることができる運動もあります。今回は普段の生活の中でできる運動をご紹介します。

 

通勤中にできる運動とは?

通勤時間は退屈ですよね。会社に向かうとき、帰るとき…何をして過ごしていますか?その時間こそ、運動をするチャンスです。まず意識してほしいのは姿勢ですね。電車に乗るときなど、背中が曲がっていないか、電車の窓でチェックしてみましょう。背筋を伸ばして姿勢を正し、立って電車に乗ってみてください。まっすぐ立っていようと思うだけでも、全身の筋肉を使います。筋肉を鍛えるための第一歩は、とにかく筋肉を意識する、ということが大切です。意識を変えるだけで引き締まった身体に近づけますよ。

 

ひと駅ウォークもおすすめ

仕事が忙しくても運動をしている人の多くが取り入れている、ひと駅ウォーク。帰りの電車をいつもの駅よりひと駅前でおりて歩くだけです。ウォーキングする時間をわざわざ取る必要はありません。いつもは歩かない道を歩いてみると新たな発見があるかもしれませんよ。歩く距離は短くても、毎日続ければ必ず効果は出てきます。慣れてきたら、朝少し早く起きてひと駅ウォークを取り入れれば、朝と夜のウォーキングが習慣になります。

 

買い物にいって歩く距離を増やす

仕事をしている人は日ごろから身体を動かしているでしょうが、家で過ごしている主婦は、家事に追われてなかなか体を動かすことができません。そんな人におすすめしたいのは、買い物に行くことです。買い物に行くと、買いたい物を探すために自然と歩く歩数が増えます。ここでポイントなのは、買いたい物をあらかじめ決めてから出かけることです。何を買おうか迷っていると、歩くスピードが遅くなってしまいます。スピードは早めを意識してくださいね。
できれば歩いて買い物に行けるといいですが、重い荷物を持って帰るのは大変なので、車で出かけたいときもあるでしょう。その場合は、入口の近くに車を止めず、できるだけ離れた場所に車を止めて、歩く距離を増やしましょう。たったそれだけでも歩く距離が増えて運動になります。

 

ちょっとした運動でも積み重ねれば効果を発揮してくれます。運動をする時間がとれない人は、ぜひこういった日常で取り入れることができる運動を試してみてくださいね。