筋トレについて

筋肉を鍛えるための運動といえば、筋力トレーニングですね。筋力トレーニングはダイエットには向いていない…と考えられていましたが、最近は有酸素運動とともに筋トレをすることで、より痩せやすくなるといわれています。やはり筋肉を鍛えないことには、引き締まった身体が手に入らない、ということでしょう。では、ダイエットに向いている筋トレとはどのようなものがあるでしょうか。

 

腹筋でお腹周りをスッキリ

お腹周りの脂肪は、年齢とともにつきやすくなります。体重が増え始めると、真っ先に脂肪がつきやすい部位でもあります。また、つきやすいのに落ちにくいため、ダイエットを頑張ってもお腹周りがなかなか減ってくれない…なんて悩みを抱えている人も多いのではないでしょうか。
腹筋は、筋トレの基本です。腹筋を鍛えることでお腹から腰まで気になる脂肪を落として引き締めることができるでしょう。鍛えやすい筋肉でもありますね。
基本の腹筋は、膝を立てて仰向けに寝転び、お腹を意識して上半身を持ち上げる形です。このとき、頭から勢いよく持ち上げるのではなく、腹筋が上下に縮まるように意識しましょう。また反動をつけると腹筋が働きにくいので、必ずゆっくり、息をしながらおこなってくださいね。
基本の腹筋ができるようになったら、斜め腹筋もおすすめです。両手を胸の前でクロスして。上半身を持ち上げます。この時、左側・右側と交互に上半身の重心をかけます。くびれが欲しい女性には特に取り入れてほしい腹筋です。

 

スクワットで全身運動

筋トレの中でもう一つ、基本として取り入れてほしいのがスクワットです。スクワットは主に太ももの筋肉を鍛えますが、正しい姿勢を意識することで、二の腕やお腹にも効果を感じることができます。
手を前にまっすぐ伸ばして、肩より下のラインへ落ちないようにキープしましょう。そして、お腹にぐっと力を入れながら、息は止めずに膝を曲げます。一番きついと思うところでキープして、膝を伸ばす…というスクワットを繰り返しましょう。
太ももを鍛えることで、全身に脂肪燃焼効果は上がります。太ももは筋肉が大きく発達している部位です。そのため、太ももの筋肉が活発になると、全身の代謝がよくなって痩せやすい身体を作り上げてくれるのです。

 

筋トレは毎日継続することで少しずつ効果が発揮されます。最初はきついかもしれませんが、三日坊主ではダイエットが成功しません。あまりに体重がある人は、まずある程度体重を減らすことから始めなくてはいけませんが、それ以外の人は毎日少しずつ筋トレをおこなって、筋肉を鍛えていきましょう。