水泳は効率がいい運動

昔から、ダイエットするなら水泳がいい、という話は聞いたことないでしょうか?運動の中でも、身体への負担をそれほどかけず、でもしっかりと身体を動かすことができる、それが水泳の特徴です。では水泳ではどれぐらいのダイエット効果を実感できるのでしょうか。

 

水泳はカロリー消費が大きい

水泳は、ウォーキングやエアロバイク、ランニングという同じ有酸素運動の中でも、カロリー消費が大きいことで知られています。たとえば同じように体重50キロで1時間運動をした場合、ウォーキングでは200キロカロリー程度の消費ですが、水泳でクロールだと500キロカロリー近く消費できます。消費カロリーはスピードや体重、その時の状況によって変わりますが、倍近くの消費カロリーになるでしょう。
同じ時間運動するなら、一度でたくさんカロリーが消費できたほうがいいですよね。ダイエットは何よりカロリー計算が大切です。出来る限り消費して、効率の良いダイエットをしましょう。

 

むくみ解消でセルライト予防

足のむくみに悩んでいる人にも、水泳は効果的です。水泳は身体にかかる水の抵抗があるため、自然と血流がよくなっていきます。老廃物も流れやすくなって、今まで悩んでいたむくみから解放されるでしょう。同時に老廃物と脂肪がかたまってできるセルライト予防にもなります。

 

心肺機能が鍛えられる

水泳をしていると、少し泳いだだけなのに息が切れた、という経験はありませんか?この息切れこそが、心肺機能を鍛えている証拠です。自分が呼吸をしたいときに呼吸ができないのが水泳ですよね。呼吸をするタイミングがあります。その繰り返しをしていることで、心肺機能が強くなっていきます。
体力がつくので、運動が苦手だった人も身体が動かしやすくなります。心肺機能を鍛えれば全身の血流もよくなって、代謝がアップします。ダイエット効果も表れやすくなりますね。

 

関節や筋肉への負荷が少ない

運動を頑張ろうと思っても、関節が痛い、筋肉痛がひどい…と運動したくてもできない状況ってありますよね。特に体重が多い人は、運動をすると関節に負担をかけてしまいます。運動を始めたら膝や腰が痛くなった場合、負担をかけすぎている可能性があります。
水泳は、水中で浮力が働いて、関節や筋肉への負荷が和らぎます。自分の体重が水中では軽くなるのです。でも、決して運動効果が弱まるわけではありません。水の抵抗があるため、ちょっとした運動も陸上より水中のほうが筋力アップにつながります。
泳げない人は、水中ウォーキングだけでも効果があります。アクアビクスという、水中でおこなうエアロビクスもおすすめです。