ウォーキングについて

ダイエットには有酸素運動が必要不可欠ですが、その中で取り入れやすくダイエット効果も高いといわれているのが、ウォーキングです。ウォーキングはどんな年代の人でも無理なく取り入れることができますし、それほど辛い運動ではないので楽しんでできるのではないでしょうか。ウォーキングがダイエットにどんな効果があるのか、そしてウォーキングの方法についてご紹介します。

 

ウォーキングで痩せる人、痩せない人

ウォーキングは、ただ歩くだけのダイエット法です。ただ歩くだけですが、必ず痩せるダイエット法でもあります。でも、ウォーキングを頑張ってもなかなか痩せない…という人もいます。そういう人の多くは、短期間での結果を求めすぎている可能性があります。ウォーキングでのダイエットは、必ず痩せるといえるほど多くの人が効果を感じられます。しかし、最低でも3ヶ月、続ける必要があります。1週間続けて1日1時間歩いただけでは、身体にはあまり変化がないでしょう。
でも、今まで運動をしていなかった人にとっては、1週間歩くだけでも大変な運動です。長続きするポイントは、最初から頑張りすぎないことです。あまり頑張りすぎると続けるのが大変で、挫折してしまいます。ウォーキングは比較的楽な運動ですが、1日1時間が難しければ1日30分でも続けてみてはどうでしょうか。

 

より効果を上げるウォーキング法

ウォーキングは、正しい歩き方をすることで初めてダイエット効果を得ることができます。まずウォーキングを始める前ですが、ストレッチは欠かさないでください。ストレッチをしておくだけで筋肉や関節を痛めるリスクが少なくなりますし、より脂肪が燃えやすくなります。
そして大事なのは歩く姿勢なのですが、背筋はしっかり伸ばしましょう。頭のてっぺんから足先まで引っ張られているように、まっすぐな姿勢を意識してください。そして、かかとから着地をして、つま先で地面を蹴りだします。できるだけ歩幅は大きくしましょう。自分が普段歩いている歩幅より、少し大きめが理想です。
また、速度も大事なポイントです。だらだらと歩いていては、どれだけ歩いても効果が感じられません。腕を大きく振ると自然にスピードアップできるので、いつもより少し早めを意識するといいでしょう。慣れてきたら、徐々にスピードアップしていけるといいですね。無理は禁物ですが、少し息がはずんでいるような状態だと、一番脂肪燃焼しやすいです。